玉川高島屋

Early Summer Collection by New Jewelry @ 玉川高島屋

2019年6月12日(水)~18日(火)の間、玉川高島屋本館1F T-ステージ1 にて、「Early Summer Collection by New Jewelry」がオープンします。

夏の陽射しをうけて煌めくカラーストーンジュエリーや、本格的に軽やかな装いへと切り替わっていく季節に合わせたいボリュームのあるアイテムなどを、新しい感性でデザインする華やかな11のジュエリーブランドがお届けします。

強い陽射しに映える透明感あふれるジュエリーで、夏のおしゃれをぜひお楽しみください。

< 会期 >

2019年6月12日(水)〜18日(火)10:00-20:00

< 会場 >

玉川高島屋本館1F T-ステージ1
Add. 東京都世田谷区玉川3-17-1
Tel. 03-3709-1111
URL. 玉川高島屋


< 出展ブランド >

3329-mimizuku
ブランドコンセプトは「再生」。いつか見た景色、触れた自然、幾重にもなる記憶の糸を手繰り寄せ、そのイメージをかつて命のあった革という素材に表現し、甦らせています。 流行に左右されないプリミティブなレザーアクセサリーのなかでも、今回はこれからの季節に合う鮮やかなグリーンのアイテムを数多くご紹介します。

ARRO
架空の国の装身具をテーマにしたエスニックなムードの漂う世界観は、世界中のテキスタイルをヒントに現代的な解釈でデザインしています。刺繍は国内の工場に依頼し、出来上がったパーツを手作業で組み立てて立体感のあるアクセサリーをお届け。サマーシーズンにぴったりな貝殻や珊瑚など海をテーマにした春夏の新作や、オンラインショップでは販売していない一点もののアイテムも販売予定です。

atur
ひとつ身につけるだけで、アウトフィットの主役となるような華やかなジュエリーをつくりたいという想いで、2011年にデザイナーの天野佐衣子によりスタートしたブランドです。今回のイベントに合わせて、海をモチーフにしたシルバージュエリーを展開。また、オンラインでは販売していない、個性的なバロックパールのシリーズも揃います。

isir
過度な装飾を省略し、贅の要素を放棄する。普遍的な形に回帰することで得られるインスピレーションを探求。ジェンダーに関わらず着用できる装身具を提案しています。これまでシルバーの鏡面をベースに展開していたisirですが、今回のイベントではゴールド素材をはじめとする異素材の作品や、表面の仕上げに微細な変化を与え繊細な作品を新作として販売予定です。

itani
「出会いのきっかけになるジュエリー」をコンセプトに人と人、人とものが繋がることを思い制作。簡素な形の中にひねりのあるデザインで、人生にそっと寄り添うようなジュエリーを目指しています。新作は、これからの季節におすすめしたいボリュームのあるシルバーで製作したリング。シンプルなフォルムですがitaniらしいデザインで、日常使いしやすいリングを提案します。

KARIN
「繊細でありながら、艶っぽく、ちょっとだけマジカル」をコンセプトに、森羅万象から得たインスピレーションを、K18、K10のシンプルなカタチで表現。身に着けていると心地良い、程よくモードでエレガントなジュエリーをご紹介します。今回のイベントでは、デザイナーが買い付けた天然石のルースから、好きな組み合わせをお選びいただきリングに仕立てる新作のOrbit ringをはじめ、初夏にぴったりな天然石アイテムも豊富に展開します。

Kui Co.
Urban Resortをコンセプトに、色鮮やかに素材を掛合わせてバカンスの心地よい風をお届けするジュエリーブランド。デザイナーが世界中を巡り探してきた天然石は日本の職人の手によって丁寧に仕上げられ、その繊細なディテールとデザインは海をこえてNYやヨーロッパでも人気です。2019春夏から、インド・ジャイプールの職人とコラボレーションした天然石ジュエリーが仲間入りしました。宝石の街ジャイプールならではの天然石のクオリティと鮮やかな発色は、身に纏うと装いを華やかに飾ってくれます。

LA MONTAGNE
金、銀、石、パール。地球の長い歴史の中で生み出された素材で構成されたジュエリーが、自然や風景、現象といった空間的なものごとを想像させる。そんな壮大さを感じさせるジュエリーを提案しています。今回は美しいラインを描いたピアス、トレーフルに続き、さらに大胆かつ繊細なラインでデザインされた新作カトルフィーユが登場。四つ葉をモチーフにした立体的なデザインが魅力です。

nezu
身にまとった時の感覚を楽しむ洋服の生地と同じように、糸やPVCなど様々な素材を使用し、その素材に触れた時の感覚も楽しめるアクセサリーを中心に展開しています。2019SSのシーズンコンセプトは『Overlap moment』。重なる、その瞬間。一瞬一瞬の表情を切り取る。ビニールや糸など様々な素材を組み合わせることで、異なるシーンで新しい瞬間を魅せるコスチュームジュエリーをご紹介します。

SHINDO HARUKA
鋳金技法と絵画を学んだデザイナー新藤はるかが生み出す、柔らかく絵画的な造形。マグマ、石などの自然物や古代の出土品から着想を得たゆらぎのあるフォルム。エッジィながら人肌にするりと馴染む存在感。マットと光沢が入り混じる独特な質感は、身につけると控えめにランダムに光を放ちます。今回のイベントでは、春夏に活躍する新作ピアスやバングルを発表。天然石のルースオーダーも可能です。

YURI MIYATA
「自然から感じる思いをかたちに。」をテーマに、山で見つけた植物や景色、実際に歩いてその場で感じたことを大事にしながらデザインと制作を行っています。身に着ける方の生活に寄り添い、街でも自然の空気を感じられるようなアイテムを提案。昨年末より展開している帯留めのほかに、人気シリーズ「IN THE FOREST」に新しい植物モチーフのピアスが登場します。


< WORK SHOP >

ジュエリーデザイナーSHINDO HARUKAさんによるワックスで作るラフストーンリング・ピアス ワークショップ開催!

ジュエリーデザイナーSHINDO HARUKAさんを講師に迎え、ワックスを使って鋳造(キャスト)の元となるジュエリーの原型をつくるワークショップを開催します。当日は10種類のラフストーンから好きなものを、そして地金(シルバー、K18ゴールドのどちらか)をお選びいただき、リングやピアス、イヤリングに仕立てます。各々が手がけたワックス原型は、ロストワックス鋳造→仕上げ→石留めの加工を後日行い、完成品を配送にてお届けします。鋳造の仕組みについて学びながら、リングのアームの太さ、爪の本数、テクスチャーや仕上げもアレンジ自由と、まさに自分だけのオンリーワンジュエリーを制作できます。

石の種類:サファイア、エメラルド、トパーズ、ペリドット、クリスタル、ルチルクオーツ、アゲート、ロードナイト、 パイライト、アポフィライト(*全てラフストーン(原石)で、サイズは5mm〜20mm)

開催日時:2019年6月12日(水)、15日(土) 各日14:00-, 17:00- 各回定員3名
受付開始:2019年6月1日(土)
予約受付先:03-3709-3111(大代表)へお電話の上、婦人アクセサリー(内線3115)へご連絡ください。
所要時間:約90分
注意事項:ワックスやタルクを使用するので多少汚れてもいい服装でご参加ください。

参加費:Silver/リング12,000円、ピアス・イヤリング10,000円
    K18YG/リング27,000円、ピアス24,000円、イヤリング 28,000円(すべて税抜、完成後の配送料含む)
*ピアス/イヤリングは片耳です。
*K18はワックス重量0.3g以上の場合、0.1g当たり5,000円の追加料金がかかります。(0.3g未満でも十分制作可能です。ボリュームのあるデザインは重量を超える場合があります。)

SHINDO HARUKA  |  東京芸術大学鋳金専攻を修了後、スペインへ。 バルセロナLlotja公立美術学校壁画科にて、絵画技法や西洋美術史を学ぶ。卒業後帰国し、2014年画家である友人と共同でテキスタイルプロジェクトmakuma発表、同時に金属でのスカーフリング制作を開始する。2015年、自身のコレクションSHINDO HARUKAをスタート。

お問い合わせ

info@newjewelry.jp