TOMOKO FURUSAWA JEWELRY – ISETAN SALONE

東京ミッドタウンにオープンするISETAN SALONE(イセタン サローネ)は、伊勢丹新宿本店を凝縮した、ラグジュリアスなセレクトストア。モードからリアルクローズまで幅広くファッション感度の高いアイテムを取りそろえ、杉本博司氏内装デザインの居心地のよい上質な空間で”最高のお買い物体験”をできます。

2022年5月18日(水)からは、遊び心あるアーティスティックなセンスを加えた一点もののジュエリーを提案する《TOMOKO FURUSAWA JEWELRY(トモコフルサワジュエリー)》が登場。どきどきするほどアーティスティックで美しい一点ものや丁寧に集めた心躍るジュエリーをご紹介いたします。

ISETAN SALONE
Add:〒107-0052 東京都港区赤坂9丁目7番4号 東京ミッドタウン・ガレリア1F/2F
Opening hours:11:00-20:00 ※館の営業時間に準ずる
Tel:03-6434-7975
URL:https://isetan.mistore.jp/store/shinjuku/isetansalone/index.html


 

TOMOKO FURUSAWA JEWELRY(トモコフルサワジュエリー)》 2022.5.18 wed. – 5.31 tue.

グラフィカルでありながらポエティックな調和美で、オトナ女性の心をくすぐる《TOMOKO FURUSAWA JEWELRY(トモコフルサワジュエリー)》のジュエリー。

2022年春夏のテーマは、”a feeling of release(解放感)”。

暖かな太陽を肌で感じながら、自由なマインドで、自分らしく宝石を身に纏う喜びを感じて欲しいとデザイナーが思いを込めて作り上げたコレクションでは、透明感のある色石を使い、他に類のないのびやかで動きのある新作を取り揃えました。今回は、初夏に付けたくなる大ぶりで希少な天然石と直線的にあしらわれたブラックダイヤとの組み合わせによる、ファッション性の高いスパイスの効いたリングや、素肌やTシャツさりげなく付けたい美しい天然石のネックレスに注目です。

デザイナー来店中は、大変人気のルースから選べるオーダーメイドのご相談も受付可能です。ご予約優先にご対応させて頂いておりますので、ぜひお気軽にご予約くださいませ。

デザイナー在店:
5月18日(水) 11:00-14:00
5月21日(土)/ 22日(日)/ 28日(土)/ 29日(日) 各日 14:00-17:00
5月31日(火) 15:00-18:00

POUR TOI / yumico lucau – NIHONBASHI MITSUKOSHI


ルネッサンス式建築の威容を誇る、国の重要文化財にも指定された日本橋三越本店。待ち合わせ場所としても親しまれるライオン像がお迎えする本館正面口からすぐの明るく華やかな1階のアクセサリーフロアでは、審美眼と感性が反映されたジュエリーが並びます。

2022年5月25日(水)から5月31日(火)の間、『自分らしく、リラックスして日々を楽しむ、ミニマルで心地よい佇まいのジュエリー』をコンセプトにジュエリーを展開する《POUR TOI(プルトワ)》と、ストーリー性のあるデザインと上質な着け心地が魅力の《yumico lucau(ユミコ ルカウ)》が登場します。

日本橋三越本館1階 アクセサリー イベントスペース

Add:〒103-8001 東京都中央区日本橋室町1-4-1
Opening hours:10:00-19:30 ※館の営業時間に準ずる
URL:https://www.mistore.jp/store/nihombashi.html
Tel:03-3241-3311(大代表)


Exhibitor

POUR TOI(プルトワ)》

心地よさを表現するためにたどり着いたコンセプトが、自然の中で共存している有機的な形状をもつモノたち。そこから五感を通して感じ取ったインスピレーションを大切にし、シンプルかつモダンなデザインで表現する《POUR TOI(プルトワ)》。日本の繊細な美意識とたしかな技術をもとに、人の手から作り出される温もりが感じられるジュエリーをお届けします。

「あなたらしく美しく」《POUR TOI(プルトワ)》が作り出すジュエリーに込めている願いです。

今回のプロモーションでは、午後の木漏れ日の情景から着想を得た「rayonコレクション」や、 ゆったりとした時間が流れる、海の波打ち際をイメージした「plageコレクション」など、展開いたします。数々のコレクションを一堂にご覧いただけるこの機会に、ぜひ足をお運びください。


yumico lucau(ユミコ ルカウ)》

ストーリー性のあるデザインと上質な着け心地が魅力の《yumico lucau(ユミコ ルカウ)》。肌と心に馴染む「余韻を纏うジュエリー」がコンセプトです。

今回、一点もののリングや、自由な形とローズカットダイヤモンドの優しい輝きが印象的な新シリーズ「ジユウナ」をご紹介いたします。

GINZA MITSUKOSHI in May. _part 2

銀座の中心、銀座4丁目交差点に位置する銀座三越は、”モノの新しさ”だけでなく”心の豊かさ”までも追求し新しいスタイルを提案する百貨店。1階のプロモーションスペースや、キュレーション型Permanent POP-UP SHOP「New Jewelry」では、銀座の街に映える、今を感じるジュエリーブランドを、週がわりでご紹介しています。

新緑の季節に迎えたくなる、ジュエリーとの出会いをご期待ください。

銀座三越1階 New Jewelry / プロモーション

Add:〒104-8212東京都中央区銀座4-6-16
Opening hours:10:00-20:00 ※館の営業時間に準ずる
URL:https://www.mitsukoshi.mistore.jp/ginza.html
Tel:03-3562-1111


Exhibitor

SUNI(スニ)》
2022.5.18 wed. – 5.24 tue. @New Jewelry

顕微鏡でのぞいた小さな宇宙。昼と夜の移り変わる時間。現実に見えなくても、触れられなくても、確実に「在る」世界。そんな数々のカタチや想念を、アートピースのようなジュエリーにしてお届けしています。

まるで絵画のような個性的な天然石たちを、一点一点その形や個性に合わせて仕立てられている《SUNI(スニ)》のジュエリーたち。今回のイベントでは今まで展開した中で、最も種類を豊富に取り揃えております。

デザイナー在店時、天然石を選んでいただいて、ジュエリーカウンセリングを相談しながらのセミオーダーも可能。(ブランドのSNS、MAILから要ご予約ください。)

爽やかな駆け抜ける5月の風のような、新緑のような、そんな息吹を感じていただきたい新作ラインナップが並びます。


Altgraph(オルトグラフ)
2022.5.18 wed. – 5.24 tue. @円卓プロモーション

Oriental & Exoticをテーマに素材の持つ自然美や造形の妙を楽しむジュエリーを提案する《Altgraph(オルトグラフ)》。

今回のイベントでは、初夏のコーディネートに彩りを添える天然石ジュエリーや普段使いにおすすめのダイヤモンドジュエリーをご用意いたしました。上質な素材と細部へのこだわりによって生まれる凛として奔放な佇まいのジュエリーを是非ご覧ください。


LISRIQUE(リズリーク)》
2022.5.25 wed. – 5.31 tue. @New Jewelry

「素材やかたちの構成からうまれる印象的なジュエリー」をテーマに大人の日常に寄り添うジュエリーを提案する《LISRIQUE(リズリーク)》。

今回のプロモーションでは、甲州水晶貴石細工伝統工芸士によってひとつひとつ手擦りで製作された天然石のイヤーカフなど初夏にぴったりのジュエリーをご紹介いたします。


MITRA(ミトラ)》
2022.5.25 wed. – 5.31 tue. @円卓プロモーション

ヨーロッパから買い付けをし厳選したアンティーク/ヴィンテージジュエリーを展開致しているライフスタイルブランド。《MITRA(ミトラ)》のアンティークジュエリーの特徴は”コンディションの良さ”と今の時代でも身につけられる”デザイン”への拘りです。近年サスティナブルの観点でも注目が高まっており、今の時代では出来ない様な仕様やデザインやストーリーは、現代の物とまた違った良さがアンティークジュエリーにはあります。

魅力的なアンティークジュエリーを豊富にご用意しておりますので、是非ご覧ください。


MARJORAM(マジョラム)》
2022.5.25 wed. – 5.31 tue. @ライオン口角地プロモーション

子供の頃大切にしていた色鮮やかなビーズや綺麗な色の石、大人になった今でも好きなものはずっと変わらない・・・
手にとるだけでどこか懐かしく感じ、身につけるだけで幸せな気分になれる、まるでおもちゃ箱を開けたような《MARJORAM(マジョラム)》のアクセサリーは、美しい花や行ってみたい外国の街並みを想い描きながら、アンティークパーツやカラーストーンを組み合わせて、自分の“今の想い”を形に表現しています。

今回、人気のクンッァイトや珍しいイエロートルマリンの一点物リングの新作が数多く揃います。また、お買い上げのお客さま全員にノベルティの天然石ネックレスをプレゼント。ぜひこの機会に足をお運びください。


ISETAN SHINJUKU in May. _part 2

『毎日が、あたらしい。ファッションの伊勢丹』をコンセプトに、新宿三丁目に位置する、伊勢丹新宿店本館。

1階のアクセサリーフロアは、独自性のあるファッションジュエリーから付加価値の高いデザイナージュエリーまで日本最大級の品揃えと言われ、週替わりでジュエリーブランドが紹介されるプロモーションスペースでは、話題の人気ブランドなどいち早くトレンドをキャッチできます。

新緑の季節を彩る、今ならではのジュエリーとの出会いをぜひお楽しみください。

伊勢丹新宿店本館1階=プロモーションスペース1 / プロモーションスペース2 / プロモーションスペース3

Add:〒160-0022 東京都新宿区新宿3-14-1
Opening hours:10:00-20:00 ※館の営業時間に準ずる
URL:http://www.isetan.co.jp
Tel:03-3352 1111(大代表)


Exhibitor

Shelby Aki(シェルビー アキ)》
2022.5.18 wed. – 5.24 tue. @プロモーションスペース1

「日常を彩るラグジュアリーなジュエリーを。」オーセンティックな佇まいの中に革新性のあるデザインで仕上げる《Shelby Aki(シェルビー アキ)》のジュエリー。

《Shelby Aki(シェルビー アキ)》今シーズンのテーマは「Calm Brightness (穏やかな煌めき)」。今回の期間限定ショップでは、爽やかなカラーの中に穏やかな光を感じるような天然石を使ったリングが新作として登場します。身につけて優しい春風を纏う。そんなイメージをShelbyらしい凛とした佇まいはそのままにデザインしたリングです。

“ジェンダー、性別を超えて”楽しんでいただける<Beyond>コレクションからは、新作リング-WAYs-がフルラインナップで登場。さまざまな幅や素材をお好みで選べるリングをぜひこの機会にお試しください。

グレーカラーが魅力のダイヤモンドコレクション<Gravity>は、ルースからのセミオーダーも承ります。


simmon(シモン)》
2022.5.18 wed. – 5.24 tue. @プロモーションスペース2

『Memories in the shape of jewelry』
《simmon(シモン)》は柔らかな記憶に輪郭を見つけて形にするジュエリーブランドです。身につけることでそれぞれの新しい思い出と時間を共有し、今を記録して未来へ想いを繋ぐのが《simmon(シモン)》の使命です。ジュエリーとしての価値を超え、人生を共にするブランドでありたいと願い、ひとつひとつ制作をしています。

今回のイベントでは、特別なダイアモンドでお仕立てする1点ものの新作をご用意。ダイアモンドルースから素材をお選びいただくセレクトオーダーも可能です。

ジュエリーラインの定番商品はフルラインナップで、ブライダルシリーズもあわせて展開いたします。


New Jewelry for CIBONE – AROM.


表参道 CIBONE(シボネ)内の、常設プロモーションスペース「New Jewelry for CIBONE」では、3週間毎に「新しさ」と「ユニーク」さを兼ね備えるジュエリーブランドをご紹介しています。

5月11日(水)からは、イタリアの華やかさと大胆さ、日本の無駄を削ぎ落としたミニマルさ、相反する両カルチャーのエッセンスを取り入れたデザインが特徴のAROM.(アロム)が登場。コーディネートの香りづけになるようなアイテムが揃います。

New Jewelry for CIBONE
Add:〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-10-1 GYRE B1F
Open. 11:00-20:00 ※館の営業時間に準ずる
Tel:03-6712-5301
URL:https://www.cibone.com/ci-abouts/


 

AROM.(アロム)》 2022.5.11 wed. – 5.31 tue.

ミラノでスタートしたジュエリーブランド。ジュエリーとして見た目のフォルムの美しさだけではなく、ファッションとして身につけることを重視し、コーディネートの香りづけになるようなアイテムをデザインしています。

今回、今までSV925製の取り扱いだった安全ピンが留め具のシリーズにK18YG製のアイテムが新しく加わりました。SV925製のシンプルなデザインのチェーンネックレスと合わせて、本イベントで販売をスタートします。

新作のグラスチェーンは、メガネを装着するパーツを外してネックレスとしても使用可能です。また、同じく新作の2連のコードブレスレットは長さを変えることでグラスチェーンとしてもお使いいただけます。 一般的に使用されているシリコンパーツは使わずにカラーコードとシルバー925製のオリジナルパーツを使用するなど、グラスチェーンの概念を変えるような、ファッションジュエリーとしての《AROM.(アロム)》ならではのこだわりのデザインをご覧いただけます。

その他にも、新作のイヤーカフや、フィット感を向上させるためにリニューアルしたアイテムなどご用意しておりますので、この機会にぜひ足をお運びください。