ジュエリーと工芸のギャラリー「MIN jewelry & crafts 」グランドオープン


2018年10月25日(木)、ジュエリーと工芸のギャラリー「MIN jewelry & crafts(ミン ジュエリーアンドクラフツ)」を学芸大学にオープンいたしました。

本ギャラリーでは、「日常の一歩先にある〈非日常の用品〉」をコンセプトに、海外を拠点に活躍する作家のジュエリーや、日本に流れる歴史と技術を誇る工芸作家の作品を中心にご紹介。

伝統工芸士・詫間康二によって研磨された1点もののストレートグラス、マーク・モンゾを筆頭に、世界のデザイナーとのコラボにより生み出されるMISUIのアートのようなジュエリー、そしてテキスタイルアーティスト・濱野太郎が希少な糸で紡ぎあげる、どこか神秘的なショール。

手工芸性の高さを感じさせる美しい手技やたぐい稀なる感性が紡ぎ出すジュエリー&クラフトの展示販売に加え、コラボレーション商品の発表や、作家の想いや過程にフォーカスをあてた特別企画展を年間を通し開催いたします。

つくり手たちの揺るぎない世界観と“用と美” を兼ね備えた作品の数々を集めた小さなギャラリーに、ご期待ください。

詫間康二

MISUI

MIN jewelry & crafts
住所:〒152.0004 東京都目黒区鷹番3.5.6 2F
アクセス:東急東横線 学芸大学駅西口より徒歩3分
オープン日時:木・金・土 12:00-19:00(企画展中はオープン日時が変更します)
tel/fax:03.6412.8905
URL:www.min-gallery.jp

JAPAN CREATOR’S COLLECTION by New Jewelry Vol.1 @ 銀座三越7階


201年10月10日(水)〜11月27日(火)までの間、銀座三越7階=ジャパンエディションにてJAPAN CREATOR’S COLLECTION by New Jewelryが開催される。

「日本の美」をテーマに、国内の美術品や衣装、日用品を販売するジャパンエディション。繊細な技法や素材を活かした遇い、日本人デザイナーならではの感性を活かした、まるでアート作品のような装いが魅力の6ブランドを期間限定でご紹介いたします。

秋深まる中、美しい内装の落ち着いた空間で、ゆったりとジュエリーをご堪能いただける特別な機会。一部ブランドのデザイナー来店もございますので、身につける日本の美をお楽しみください。

< 会期 >

2018年10月10日(水)〜11月27日(火) 10:30-20:00 

< 会場 >

銀座三越7階 ジャパンエディション
Add. 〒104-8212 東京都中央区銀座4-6-16
Tel. 03-3562-1111
URL. 銀座三越HP

Exhibitor

AYUKO HISHIKAWA Paper Accessory
山梨県の和紙メーカー大直とニューヨークを拠点に活動するハットデザイナー、ヒシカワアユコデザインの和紙アクセサリーブランド。繊細で華やかなデザインと「和紙」ならではの軽い着け心地が特徴。フォーマルからカジュアル、和装 にも合わせられ、国内の職人によって丁寧に仕上げています。

Emiko Komuro
在るのに無い。無いのに在る。物質的にはそこに無いけれど、確かに在る感覚。それが形になったら、きっと美しい。そんなもどかしさを採集するように、ドローイングを描き、作品やジュエリーを制作。今回は、1点もののブローチやリングの他、新作として日常使いしやすいピアスやイアリングなどを出品します。
デザイナー 小室えみ香 来店:10月13日(土) / 28日(日) / 11月18日(日) 14:00-17:00

matsuo ikuko
京都で日本画を学んだ松尾郁子が、その画材である岩絵具の魅力を新たにジュエリーを展開。鉱物の粒を描くようにのせて表現したジュエリーは、5年10年と使っていただく中で、壁画のように美しい経年変化も期待できるので、時を重ね、価値も重ね、思いを馳せて育てていただきたい一品です。
デザイナー 松尾郁子 来店:10月24日(水) 14:00-17:00

sumiiro
シルバーならではの造形美を求めつつ、すっきりと端正な佇まいのあるシルバージュエリーを展開。銀一色の中にも、明るい輝きの銀色から、やわらかく上品な白、深みのあるいぶし色まで、幅広く、味わい深いそれぞれの表情が魅力。今回は帯留めや和装にも合うイヤリングやピアスなどもお持ちします。
デザイナー 澤井直子 来店:11月3日(土) 14:00-17:00

sushikatten
ガラス工芸の最古の技法パートドヴェール製法を用いた一点もののジュエリーを展開。ミニマルなシェイプの中に、様々な要素を含ませ、ガラスの宇宙的な遊色を指先から鑑賞出来る、アート作品です。今回ご紹介する新作のReactive Glass Ringは、パールを埋め込んだものや、光によって色が変わります。また、偏光ガラスのピアスにもご注目ください。

WATARU YAMAZAKI
日本の伝統彫金の技術で自然のものをモチーフとしたジュエリーを製作。ひとつひとつに詩的な佇まいを持たせ、小さなオブジェのような印象の装身具が魅力です。今回は、秋を感じる”金木犀”や”松ぼっくり”、薄く柔らかな”牡丹の花びら”等をモチーフにしたピアスやピン、ブローチを中心に展開いたします。
デザイナー 山崎航 来店:10月21日(日) 14:00-17:00

 

お問い合わせ

info@newjewelry.jp