EVENT

New Jewelry NEXT – Autumn @ CLASKA

多彩な感性の新しいクリエーション、全国から次世代を担うブランドが集結する”New Jewelry NEXT”

2018年9月7日(金)〜9日(日)の3日間、目黒クラスカにてNew Jewelry NEXT – Autumn を開催いたします。

“New Jewelry”は、デザイナーズのコスチュームから、クラフト、コンテンポラリー、ブライダル、そしてファインジュエリーまで幅広く紹介する展示販売会。”New Jewelry NEXT”では、今注目のブランドから、新進気鋭の若手ブランドまで、全国から次世代を担うブランドが集結し、新たなクリエーションをお届けします。

彩り豊かな秋のファッションに添えたい、新しいジュエリーとの出会いをお楽しみください。

 

< 会期 >

2018年 9月7日 (金) 16:00-20:00 レセプションパーティー
※簡単なフードとドリンクをご用意しておりますので、どなたさまでもお気軽にご来場下さい。
2018年 9月8日 (土) 11:00-20:00
2018年 9月9日 (日) 11:00-19:00

< 会場 >

CLASKA The 8th Gallery
Add. 東京都目黒区中央町1-3-18 CLASKA 8F
Tel. 03-5773-9667
URL. CLASKA HP

Exhibitors

Altgraph
素材の持つ自然美、人の手が生み出す造形美、構造とかたちに宿る機能美と美意識。「素材の魅力を引き出す造形」をコンセプトに、シックで奔放なジュエリーをお届けします。

ambiek
シンプルにひとくせ。大きな主張はいたしません。横目でチラッと見られるような、小さな主張。線、板、塊の3つのカテゴリーで構成したシンプルで少し癖のあるデザイン。一瞬の視線に気づいた時、それだけで1日が楽しく過ごせるようなあの感覚の日常化を目指して。

Argenteria ginkgo
色も形もナチュラルでシンプルなデザインだけど、どこか透け感があって個性が光る。身に着けていて嬉しい、他の誰かに気づいてほしい「目立ちすぎない個性」を求める方にお勧めのちょっと大人なアクセサリーです。

ARRO
架空の国の民族衣装をテーマに、エスニックなムードの漂うブランド。世界中の刺繍やテキスタイルをヒントに、現代的な解釈で機械刺繍を用いて表現。豊かな色彩と自由なフォルム、刺繍の立体感で楽しむアクセサリーです。

cocozelle
不完全なもの・かたち・アンバランスなもの・その一瞬にしかできない形の美しさをジュエリーで表現しています。とても華奢で繊細なものが多く、独特なデザインの中にも女性らしさを保っています。

CONNECTION.
思わずスキップしたくなるようなアクセサリーをテーマに制作をしています。つけると思わずスキップがしたくなるような、色とりどりでワクワク楽しくてhappyな気持ちになれるそんなアクセサリーたち。

DayDream
光と影をなくしてはその存在すら危うい儚さとは対照的に世界を逆さに映す強さを持つ硝子。想像の余白を残し、2017年に始動した白昼夢は、純粋無垢な光の装身具を展開しています。

erica miyake
ミヤケエリカが2015年にスタートしたジュエリーブランド。鎚金の表情による光の反射、パーツの組み合わせで揺れる光と影。規則性あるパーツのミニマルジュエリーは使う人を引き立てます。

hitotoi
金属に陶芸の釉薬を用いた金胎陶芸を駆使し、陶芸のわびと貴金属の華やかさを融合させたジュエリーコレクション。すべて手作業で作り、窯の状態でも変化するため、同じものが二つとない一点物のジュエリーです。

in mood
「リアルクローズに合わせられる品のあるアイテム」。in moodのアイテムをMIXすることにより、リアルクローズでありながら華のあるスタイル、を目指しています。

isir
「isirの向かう先は、美しくゆたかな身体」 装身具は身体に対してある種の異物・違和感を与えるが、同時に日常では気にも留めない身体の存在を生き生きと沸き立たせる。そんな艶やかで有り触れた魅力の再認識を。

JEF
JEFは(Jade Eyed Fox)は前向きに自分らしく生きるあなたに寄り添うアクセサリーブランドとして自由な発想のデザインを心がけ、個性を忘れず、日常に溶け込む作品を展開していきます。

KAZAMI JEWELRY
貴金属や鉱物の美しさ、それらを身につける楽しみを感じてもらえるジュエリーをコンセプトに制作。主にシルバーやイエローゴールド、パールを使用したシンプルで素材の美しさを一目で感じられるデザインを展開しています。

kico
身につけることで、植物の繊細さ、儚さを感じられるアクセサリーをコンセプトに、布花に刺繍を施したアクセサリーを制作しています。kicoは小さな木から名付け、小枝をイメージしています。

KUDANA
仕事帰りなのに出かけたくなる、普段着ている服をいつもとは違う雰囲気にアップデートしてくれる様な、日常と非日常を堪能できるジュエリーを。デザインから制作までを一貫して行っており、一点一点すべて手作業で作っています。

kumenao
シルバーをメインにジュエリーを制作。地金を叩く、巻く、切る、繋ぐ。叩く、叩く… シンプルな工程を繰り返し、形作ります。身に着けるとしっくりと馴染む、心地のよいものを作っています。

LA COET
コンセプトは「時間を超えるアクセサリー」 素材の美しさが活きるよう、足し算と引き算のバランスを大切に。身につけた時の感触、動き、シルエットを想像しながら、ひとさしひとさし刺繍してつくるアクセサリーです。

Lazo jewelry
Lazojewelryは半貴石を中心としたアクセサリーブランドです。コンセプトは「日常にエレガンスを」。身につけた人にさりげなく華やかさを添えるよう、柔らかな色彩をセレクト、シンプルにデザインします。

le chemin
素材の持つ特性を遊び、有機的に組立てることで、存在感のあるフォルムでありながら、さりげなくそれぞれのスタイルにとけこむコサージュ。付け方の提案により、新たなアクセサリーへの可能性を拡げる。

Loop Ring Works
“Listen to the song of nature” 空、石、樹々、波やそれらが奏でる歌にインスピレーションをもらい形にしています。Loop Ring worksは1人のデザイナーがデザインから制作までをおこなうブランドです。

ma-products
「柔らかな幾何形態」直線や正円、幾何学模様が持つ、凛とした美しさ。肌に優しく寄り添う形。この二つのバランスを大切に、都市に生きる女性のような、強さと柔らかさを兼ね備えたジュエリーを提案します。

Mademoiselle Lucie
自立した女性が好んで身に付ける、オートクチュール刺繍のアクセサリー。「誰かに与えられた価値基準ではなく、自分の中から生まれた信念をもって生きる女性」のための一点物の刺繍作品を作っています。

matori
【Vines 絡まりあう】2018AWテーマ。蔓は絡まりあい樹木を支えにしながら更なる高みに向かって伸びていきます。絡まりあう蔦の有機的表現を際立たせるためにほかのパーツはあえて無機的に表現。今までに見たことのないmatoriの金属シリーズです。

MEGUMI TOYOKAWA
シンプルな図形や形を組み合わせることによって、思いがけない形やフォルムを生み出すジュエリー。身につけて完成する「動きを装う」というデザインが特徴です。

MEMENTO PATTERN.
“あの時の記憶 ”にあったカタチ。静かに躍動するジュエリー–MEMENTO PATTERN.-   
デザインから制作まで、ひとりのつくり手が生みだすジュエリー。基本形からカタチを追求し、新たな形態への遭遇・発見を制作の概念に置いています。

meteo
“meteo”とは流星を意味するイタリア語。流星に出逢った際の一瞬の歓喜、そして解けて消える儚さを繊細なアクセサリーとして表現しています。

mi2
「日常を少しだけ豊かにするもの」をコンセプトに天然の木とガラスやアクリルを組み合わせた素朴な透明感のあるアクセサリーを製作しています。

mie nishimura
「一粒の種は、一粒の宝石のような価値がある。」をコンセプトに、「Seed Jewelry」を展開。種がもつ自然の美しさや、小さな一粒にこめられた大きな力、花言葉などを装うジュエリーを制作しています。

MIONASHIMIZU
アクセサリーを作る際はテーマごとにコンセプト合った生地選びを行います。生地によっては出せる色合いや形の表現方法が異なるので、様々な生地の特色をアクセサリーを通してご覧いただきたいです。

mitu
[心が満たされるジュエリーを]
お気に入りを身につけることで気持ちが満たされる、そんな瞬間をつくり出したいという想いでスタートしたブランドです。

Muro glass jewelry
幼い頃に憧れた母親のファッション。当時の目線で感じ取っていた雰囲気や色合いの記憶を辿りながら、懐かしさと新しさにオリジナリティーを織り交ぜ、今まであるようでなかったタイムレスなガラスジュエリーを提案。

Nando Jewelry
着けて楽しむ、飾って楽しむ、一度見ただけでは終らせない、金属と天然石製のジュエリーと透明素材を用いたオールクリアなジュエリーの Marble Assemble Seriese を展開しているブランドです。

PETIT KNOT
8本の糸を丁寧に組んで生まれた1本の「組紐」アクセサリー。バリエーションのある美しい「日本の組紐」と、ビーズをあしらったゴージャスな「アメリカのKumihimo」の良いところを織り交ぜた作品です。

Rémige
自然の造形美をコンセプトに、繊細さと力強さをあわせもち、自然の生命力を感じられるアクセサリーを展開。
同じものはひとつとしてないRémigeのアクセサリーが、あなたにとって大切な存在になるように…

SAKURA堂 store
上質なオーガニックコットンを使用し、泥染めやアートフラワー・刺繍の技術を取り入れた、『ナチュラルモード』なコスチュームジュエリーブランドです。

SHINDO HARUKA
マグマや石、紐などに着想を得た流動的なフォルム。マットと光沢が入り混じる質感。エッジィながら人肌にするりと馴染む存在感。ワックス原型を元にした鋳造技法を用い、ゴールドや天然石、シルバーで制作しています。

SOU BIJOUX
SOUは造語で「装う」「寄り添う」「創造する」のBIJOUXはフランス語で「宝石」の意。和洋テイストを取り入れ融合させたデザインで、装う人に寄り添うビーズ刺繍ジュエリーを一針一針丁寧に創造します。

susui
ナチュラルでやすらぎを感じるウッド素材と、上品で都会的なシャープな印象を与えるシルバー素材を融合し、無機質で構築的なデザインを提案。susuiのジュエリーは、⾃然体の美しさと芯の強さを表現しています。

T a k a m o
木の色そのままを使い、自然の風合いを生かしています。唐木と呼ばれる楽器等に使用され、色や木目に特徴のある木と金属を組み合わせながらシンプルなデザインに仕上げています。カジュアルにもフォーマルにも使えるような、木製品の可能性を広げていきたい、そんな思いで製作しています。

Toneri
違和感をテーマにこれまでの伝統技法に囚われず、偶発的にできた形を取り入れ即興的な制作を模索。ジュエリーは身につけるものだが、フィットすることや着け心地が良いことを意識せずに新しい刺激を求めています。

tsububu
感覚に忠実に。色と色、形と形のぶつかり合いから生まれる「間」を大切にして作られた刺繍アクセサリー。ポップでかわいらしいだけではなく、オートクチュール刺繍の技法を用いて表される繊細さもtsububuの特徴です。

∞ un. beau. lapin ∞
ビーズ刺繍、淡水パール、マザーオブパールなどの素材を中心に使用し、多くの色は使わず、ゴールド、シルバー、ホワイトカラーを基調に可憐なかわいらしさを残しながらも、落ち着いた大人の女性を表現いたしました。

unik
“素材の特性+ユーモア少々+わびさびに近い感覚少々”の配合で成り立つunikジュエリー。身に着ける人の性別を問わない気取らない本来の凛とした輝きをさらに引き出し、今日の明日の第一歩を踏み出すお手伝いをします。

valo
valo「光」、kukka「花」、metsä「森」の三要素を大切に、いし・いと・ぬのなどの素材の持つ美しさを引き出せるように一点ずつ作っています。気持ちに寄り添うことができますようにと願いを込めて。

花背WARA
日本の藁細工の技術を駆使したWARAジュエリー。京都花背にて自ら稲作し厳選した藁が素材。その造形美は温故知新で、どこにもない。身につける人の心を和ませたり、身を引き締めさせる新感覚ジュエリーです。

0.
プラスな時でもマイナスな時でもなく、人が心地よいと感じるのはフラットな状態の時です。華美になりすぎず、地味になりすぎず…身に着けた人を心地よくさせられる様な作品づくりを心掛けています。

会場MAP

 

 

New Jewelry NEXT – Autumn を盛りたててくれる、全国から集結した数々の新しいブランド。
秋の訪れとともに、新しいジュエリーに出会いに、ぜひ足をお運びください。

お問い合わせ

info@newjewelry.jp