EVENT

New Jewelry NEXT 2016 @ CLASKA

next_banner_600x412フレッシュなブランドが集結する”New Jewelry NEXT”

9月2日(金)〜4日(日)の3日間、目黒クラスかにてNew Jewelry NEXTを開催いたします。

フレッシュなブランドを中心に展開する本イベント、今年は新たなクリエーションを発信する35のジュエリーブランドが全国から集まり、新しい感性のジュエリーをご紹介いたします。

< 会期 >

2016年9月2日(金) 16:00-20:00 レセプションパーティー
※簡単なフードとドリンクをご用意しておりますので、どなたさまでもお気軽にご来場下さい。
2016年9月3日(土) 11:00-20:00
2016年9月4日(日) 11:00-19:00

< 会場 >

CLASKA The 8th Gallery
Add. 東京都目黒区中央町1-3-18 CLASKA 8F
Tel. 03-5773-9667
URL. CLASKA HP

Exhibitor – JEWELRY

AcuteAccent
独自の着眼点で先入観を裏返すようなデザインアイデアを効かせた、遊び心溢れる「素直じゃないジュエリー」が特徴です。

AISATO
自然界の形態からインスピレーションを受けた美しい曲線や躍動感のあるダイナミックなモチーフが特徴。流動的な曲線で空間を彩るジュエリーです。

ASAMI FUJIKAWA
“ATTENTIVENESS TO SIMPLICITY ” ファッションとしてではなく、アートとしてのブランディング。シンプル&ミニマルをベースに、トレンドのエッセンスも加え、新しいもの・ちょっと変わったものを求めている女性へアイテムを提案しています。

aurora glass
過ぎていく時間の尊さと繊細で無垢なガラスの儚さは、光を降り注がれることで、きらめきはじめます。そのきらめきをカタチに。制作は、透明度の高い耐熱ガラスに人工石や天然石を使い、光のしずくを身に纏うように。

beachy treasures
貝殻や波といった、自然の造形物の精緻な形や滑らかな曲線を再現したジュエリー。身につけた時の動きや陰影の優美さを大切に、刹那と永遠が入り混じったシンプルでどこかセンシュアルな美しさを表現しています。

Bisai
「Bisai」微細で美彩な蒔絵の世界をコンセプトに伝統技法である加賀の蒔絵を取り入れたジュエリー。蝶貝を加工し形を作り、漆で絵を描き金粉やアワビ貝等を使い加飾しています。

:CAFCA
「概念をデザインする」
機能性を生かしたミニマムでフェテッシュな物作りが特徴です。

DANAE
異なる物質であるヒトと金属や鉱石が交じり合い、互いの潜在能力を引き出し合う。新たに誕生した意識は美しく誇り高き場所へと導かれる。そしてその共存した結晶は永遠に命を繰り返していく。

deal.
自立した女性、ファッションに敏感な女性、アイデンティティを大切にする女性へのプラスidがコンセプト。つけているだけで元気になったり、パワーをもらえたり、背中を押してくれるようなお守り的アクセサリーです。

hari
幼少期から趣味で編み物を始め、身に付けるアイテムを友人に製作したことがきっかけで、2014年から本格的にknit brandをスタート。「素材にこだわり、シンプルで身に付ける方に寄り添う」をコンセプトとしています。

HARIO Lampwork Factory
水滴や植物をモチーフにしたデザインは、ナチュラルな印象のアクセサリー。ガラス職人の技術により実現した、無色透明の繊細なデザインと宝石とは異なるやさしい輝きをお愉しみください。

HISTORIE
HISTORIE[ヒストリエ]は、自然鉱物や民族・文化からインスピレーションをうけ、一点一点すべて手作業で制作。白、黒の陶土を使用し930°C前後の低温釉薬で焼成した 陶製のクラフトアクセサリーです。

KANOE
KANOE(カノエ=庚)は、植物の生長が止まり新たなかたちに変化しようとする象形を表現。自然界の一部から成るジュエリーを通して、身につける人の時間や空気の変化を内包していくものをかたちにしています。

kitona
三つ編み少女を囲む世界のイメージをテーマに、優しく寄り添えるような、でも少し見たことないアクセサリー、雑貨等を作りたいと、日々模索しています。

KUDANA
普段着ている服をいつもとは違う雰囲気にアップデートしてくれる様な、日常と非日常を堪能できるジュエリーを。燻したシルバーや石を使用したシリーズと、ゴールドカラーを主にしたシリーズの2シリーズを展開。

kumenao
シルバーをメインにジュエリーを制作。地金を叩く、巻く、切る、繋ぐ。叩く、叩く…
シンプルな工程を繰り返し、形作ります。身に着けるとしっくりと馴染む、ありそうでないものを作っています。

line
京都・西陣織に使用される金糸・銀糸の美しさを生かしたジュエリーを1つ1つ丁寧に作っています。目で見て、手に触れて、実際に身に着けていただくことで、金糸・銀糸とあなたの魅力も引き出せれば。

Little Riddle
長く使えるベーシックな素材を用い、身に着ける詩篇のように、ただ着飾るためではない、自分のあり方にプラスなってくれるアクセサリー、身に付ける人の気持ちに寄り添うようなアクセサリーをめざしています。

LOOP&BOX
平面と線から展開される最小限の表現と個性が人のかたちにいかに溶け込むか。
普遍・革新・印象のバランスを模索し制作したジュエリーです。

lueur
lueur{リュール}はフランス語で微かな光の意。日常に光を添えるものをコンセプトに、樹脂を用い、本物の植物を絵の具の様に混ぜ合わせて作るモダンなフォルムのジュエリーを展開中。

luxu
大胆さと繊細さ、クールでありながらやわらかさを感じる、相反するテイストをバランスさせた新鮮で洗練されたジュエリーを展開。身に着ける向きで大きく表情を変えるデザインにです。

MABI
貞淑でありながら凛乎とした女性を理想像に、自分らしく前向きでいられるリュクスなお守りジュエリーがコンセプト。新作イニシャルリングは、MABIらしい独特のスパイスを効かせた注目のシリーズです。

mamelon
デザイン、原型、磨きまですべての工程をひとりで行っています。作品は年に一度テーマを決めてコレクションを春に発表。選んで下さった方のお守りになるような物づくりを心がけています。

matori
「matori」の特徴は、ひと筆ずつ自身が描く絵画と立体造形を融合し、耳飾りとして表現している事。今季は『色気のある女』がテーマ。デザインをシンプルにし、色味が際立つようにした。少し大人びたレトロで色気のある配色をお楽しみください。

Muresi
[記憶を持つジュエリー]をコンセプトに、手作りでしか表現できないニュアンスや一瞬の記憶、その時の心情を大切に感じ取っていつまでもその人に寄り添うように想いを込めて制作しています。

Ramiko
動物を主なモチーフとしたジュエリーブランド。金属を様々に加工し、組み合わせることで独特の世界観を表現している。身につけた人の気持ちが少し明るくなるようなものづくりを心がけています。

Sai Design
『色とあそぶ。カタチであそぶ。』シンプルな装いにはちょっとした遊び心を。個性的な装いはより個性的に。オリジナルデザインの紙を素材としたシリーズをメインに木や糸を素材としたサブシリーズも展開。

Seis
第六感を導き出すJapanese modern jewelry。Seisは世界中の個性的で上質な宝石に穴を空け、フリーサイズのリングに仕立てる等、新しいジュエリーの可能性に挑戦するブランドです。

SRS
”肌の上で光学現象へ還元された後、身体とのやりとりを重ねることで新しい意味を獲得していくジュエリー”をコンセプトに、身に着ける人・それを見る人との知覚と自由に呼応し合うような形を意識して制作しています。

sumiiro
「心地良く、ひとになじむジュエリー」をコンセプトに、なめらかなラインとやわらかなボリュームで思わず触れてみたくなるかたち。シンプルに美しい、心地良さとほどよい存在感のあるジュエリーをお届けします。

SUNI
世界をマクロとミクロの視点からとらえ、アートをジュエリーに昇華するSUNIのジュエリー。アート活動とリンクしながら1つずつ形を考え生み出される世界は、彫刻的であり哲学的です。

sussus.
素材を意識したマテリアルデザイン。マテリアルデザインは自然そのもののべっ甲のシリーズと鹿の角のシリーズを展開。べっ甲は甲羅を磨かずに作られたアイテムや稀少性の高い白甲を使ったのが特徴です。

tnc
TICK AND COMFORTティック アンド コンフォート 
時を刻む瞬間、そして心地よさ、人生の節目、その『時』にお花を。その想いをのせて作る色選びの楽しさが、お客様が色を選ぶ楽しさとのとの交信のようなものになるようお花や植物の魅力をお届け致します。

uM
図形を用いて造りだす角度による見え方の違いや、さまざまな組み合わせパターンを楽しめるジュエリー。日常に寄り添うシンプルな佇まいと緻密に計算された遊び心のあるデザインが特徴です。

uran jewelry works
ただ身につけるだけではなく、そこに会話が生まれるジュエリーを提案しています。使わない時も美しい佇まいがあり、使うと心地良い。そんな「用と美」を兼ね備えたデザインを追求しています。

Exhibitor – FOOD&DRINKS (only on 9/3,4)

food+things
見たこともない食べ物、食べたことのない味を提供したい。翻訳家/ライターの江口研一が手がけるクリエイティブ・ケータリング。美術館やギャラリー、ファッション・ブランドのレセプションや展示会などのケータリングからワークショップやマーケット参加まで。

inacoya

New Jewelry NEXT を新しく盛りたててくれる、新しい数々のブランド。この秋の始まりに、是非足をお運びください。

お問い合わせ

info@newjewelry.jp